山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧

わたしが注文住宅にする理由 ②


①はこちら~

続きです。


④ 誰が作ったかちゃんとわかる家がいい
よく歩いていてぽこぽこ建っている住宅。
あれは建売(たてうり)住宅といい、もう完成された状態で販売されている。
すぐに住めるけど、せっかく住宅を購入するのに設計図も設計者もわからないってどこで生産されたかわからない野菜を買ってるようなもの。
野菜ならだめだったら捨てればいけど、家は大きな買い物です。

⑤ 暮らしに合わせた家に住みたい
これが私の中で一番大きい!
そしてこれが注文住宅で建てる一番の強みだと思っています。
「キッチンは大きいほうがいい」
「洋裁スペースがほしい」
「ウッドデッキの中庭がほしい」
などなど住む人それぞれの夢があるはず。
その夢に合う家を探すのではなく、
その夢を形にする家に住む。


⑥ 夫の作る家が見たい
あ、これは個人的な理由で。
手前味噌ながら夫のつくる住宅は好きです。
どこがすごいってのは言いにくいんだけど、そのくらいがきっとちょうどよくて奇をてらいすぎず、だけど普通じゃない。
この絶妙さが好きです。
「いい」の基準がぶれないってすごいなぁとなんでも影響されやすいわたしは思います。。


⑦ 金額のふり幅は大きい
こちら大注目!
わたしのように家を建てたことのない人は、ただ漠然と「家=高い」と思っていると思います。
そりゃぁ高いです、高いですけど、注文住宅が一番高いと思っていたわたしは目からうろこで。
とあるお見積書を見て「妥当やん。」と。
小さな家も大きな家も狭くても寒くても、安くで建てたいと考えている人にもやりようがあるってのが注文住宅です。


注文住宅の魅力が伝わればなぁ~♪


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 16:11 | しあわせな家をつくろう