山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧

くらしどうぐのKUFU -イワキのボウル


楽しいことだけじゃ生きていけない、
だからちょっと面倒くさいことや億劫なことが
ちょっとした道具や雑貨で楽しくなればいいよね!
ってことでわたしの暮らしの相棒たちを少しずつ
ご紹介していきたいと思います。

今日のオススメは・・・
「iwaki ガラスボウル」です。


c0350405_16183400.jpg
(画像お借りしました)

ちょっと華やかさに欠けるおすすめですが、(すいません)
縁の下の力持ち的な存在でかなりわたしを助けてくれます。

独身時代はざるとボウルが2つセットで200円もしなかったプラスチックのものを使っていました。
これはこれで今でもたまに登場しています。
軽いし、荒くも扱えるので使い勝手がいい時もあるんです。


でも、プラスチックなので色移りや臭い移りが気になりだし、
ずっとつかえるボウルは何かないかなっと調査(ネットわたりあるき)をしたのでした。


「何を買うか」
「ずっと使えるボウルとざる」
ミッションが決まりました!



いろいろ調べた中で最終候補にあがってきたのは、
ステンレスの柳宗理
ガラスのイワキ。
この2択でした。

柳さんならボウルとパンチングストレーナーをと。
何より見た目がかっこいいんやもんね、これは。
見送った訳は、電子レンジで使えないことと、パンチングはひっかかること。

常備菜づくりや下ごしらえで使うことが多いため、
電子レンジでの使用はやっぱりできないと不便だろうなっと。
パンチングは洗いやすいと聞くけれど爪にひっかかることを
考えたら「ひーっ!!」となるので(笑)

イワキにした理由はその他にも専用のふたが付いていたこと。
結局、2.5L用と1.5L用とそれぞれのふたを購入しました。


あ、ざるは・・・?
阪神百貨店でお買い得セールの時に2.5L用より少し大きい金物のざるを買いました。
あと竹細工の深いざるもあります。
(ざるはこれらよりもプラスチックのほうが活躍中・・・)




高いものには訳がある。
訳があって高いものでも、使いにくいものもある。
でも使いにくくいからいいこともある。

高いもの、いいものって言われているものだからって
パーフェクトに「便利」にならないものです。
でもその「不便さ」を楽しむのは結構好きです。
でもでも!家事に関しては「便利さ」への探求心は持っていたいー!
そんないまのわたしです。
なんのこっちゃ(笑)


今日はこれまで。


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-03-14 16:18 | くらしのKUFU