山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

東屋の米櫃と掃除グッズ収納 -くらし道具のKUFU


念願の鉄フライパンに続き、キッチン改善化計画その②です。


これまでプラスチックの米櫃だったので、いずれ替えようとかれこれ半年くらい思い、
もう引っ越す時でいいかな~と先延ばしにしていた米櫃。


c0350405_13041365.jpg

このたびお掃除グッズ収納の場所変更が米櫃抜きには考えられず、しっかり探すことになりこちらの東屋さんの米櫃に替えました。


これまで掃除用具は、無印のストッカーの一番背の高いボックスにまとめて収納していました。

漂白剤
激落ちクンスプレー
予備スポンジ
激落ちクンスポンジ
ハイネリー
電解質シート
洗剤ストック

を入れていました。
そこへ助っ人新人「クエン酸」と「重曹」を買ってみたところ、ボックス内がぎゅうぎゅうになってしまいました。
粉末に加え、クエン酸用スプレーもとなるとパンクです。。


そこでお掃除ボックスなるものを買おうといろいろ検討した結果、試しに入れてみた家にあったかご?かばん?これがちょうどヒット!


掃除場所に持って動きやすいし、見た目も申し分なし!
確かイイホシユミコさんの直営店で購入したものです。部屋着入れに使っていたけれど部屋着入れを別の者に替えたので余ったんです。ラッキー!


(実は、新部屋着入れはもともと帽子入れだったもの。帽子入れを小さなケースに変えることができたので、部屋着入れになりました。
で、その新帽子入れはもと鞄入れだったもの・・・(笑)
収納ケースが循環しています!)


米櫃に話を戻して・・・。

本当はガラスキャニスターか野田琺瑯のラウンドストッカーにしようと思っていました。
ただどちらも蓋なので上部にスペースが必要なのです。


c0350405_13042404.jpg


その点これはスライドできるので今後引っ越しした際も省スペースに置けるなと!

また、桐の木組みで作られた丁寧な手仕事にこれまたほれぼれなのです◎
やっぱり見た目、見た目◎

決して見た目だけで飛びつくことはないけれど、いくら機能に満足してても見た目がしっくりこなければ、わたしは買わないだろうなぁ~。

というわけで、こちらのスペースまるっと一新と相成りました!


もうすこしキッチン改善化計画続きますが、
まだ商品が届いてませんのでまた後日に~!



[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-11-03 12:08 | くらしのKUFU