山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧

住宅金融支援機構フラット35を辞めた理由





建築家の夫とツクル「山の麓のドンツキハウス」のキロク。
施主だったり、設計側だったりしながらいろいろ書いてみます。
どなたかのオウチ造リノミチにつながりますように。



当初、わたしたちはいくつかの理由からフラット35を検討していました。
ですが、銀行のローン相談で話を聞き、後日費用の計算をしてみると通常の銀行ローンのほうが諸費用が抑えられ、金利もさほど変わらないことがわかったので銀行ローンにしました。
.
.
.

簡単に理由を書くと、
●団体信用保険の加入が任意で、加入する場合「特約料」として別途必要。ローンの残高から保険料を計算してみるとなかなか高額であった。
.
●銀行ローンには団信保険料は不要であるが、保証会社の保証料がかかる。フラット35の特約料と比較すると保証料のほうが断然低かった。
.
●フラット35は9割まで融資と全額融資で金利が違う。低金利なのは9割までの融資で、全額融資だと銀行ローンとさほど変わらなくなる。
.
●認定書など手続きの煩雑さと恩恵を比べたら利点がなかった。
.
●建築の面で制限が出てくる
.
●土地代金も一緒にローンが組めるが決済は引き渡し時1回のみ=つなぎ融資が必要になってくる


銀行の方もフラット35Sにするならメリットはあるだろうけど、銀行ローンが通るならそのほうがいいよっておっしゃっていました。
それを受けて銀行ローンの事前審査を受けたという流れです。
.
.
.

個人事業主の方や団信に入れない方やなどにはメリットがありますし、気になる方はフラット35の取り扱い金融機関で聞いてみてください◎
どこの金融機関でも扱っている商品ではないのでご注意ください。


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2016-03-29 18:22 | オウチ造リノミチ