山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧

新築収納計画のはなし その2




c0350405_14493390.jpg
建築家の夫とツクル「山の麓のドンツキハウス」のキロク。
施主だったり、設計側だったりしながらいろいろ書いてみます。
どなたかのオウチ造リノミチにつながりますように。



前回に続き、新築の収納計画で気を付けたこと、普段気を付けていることをまとめます。
c0350405_09330781.png
.
.
.
③「魅せると隠す」は使い勝手と性格に合わせて
ここでの「性格」はわたしの性格のことです。
わたしに向いているのはオープン収納なので、意匠的に問題ないところは基本オープン収納です。
でも、意匠的に問題なくとも隠したいものもあります。(ほこりが気になるものや、毎日目にしなくてもいいもの、雑にしまいたいものなど)
なので必要な箇所だけ扉や引き出しを付けてもらいました。
.
あと、オープンにするとどうしても色の氾濫が起こり”散らかっている感”がでます。
ある程度は仕方ないし、むしろ全部白で統一とかのほうが苦手なので、”なんとなく整ってる感”を出すために、素材を揃えたり色を揃えて道具を選ぶようにしました。(はて、どうなるか!?)

.
.
.
④「とりあえず、今」
建築計画では、今だけでなく今後のことも考えて計画します。
ですが収納においては、まだいない子供のことや年に何度来るかわからない来客のことばかり考えるより今のことを考えて計画しました。(もちろん、将来の子供部屋はありますし、千客万来です!)
家族が増えても、ペットを飼っても、その時にまた考え直すのが一番かなっと。

.
.
.
長々と書いてしまいましたが、今回新築の収納計画をすることで改めて自分のクセや好きなモノと向き合えたのでよかったなぁと思います。なにより楽しかったー!

.
ココとソコとアソコにこんなものを入れたいから収納スペースお願い!と計画段階で言えたのもよかったし、他のスペースを優先して収納場所がなくなってしまって知恵しぼったのも楽しかったなー。
家に収納は必要だけど、収納のための家ではないのでここは歩み寄りが大事だと思います。
.
.
.

今月末に、整理収納アドバイザーの資格をより活かせるように「住宅収納スペシャリスト」の講座を受ける予定です。
資格の知識をどう住宅に落とし込んでいくか、講座が楽しみです!またレポします◎




[PR]
by fujimotoshinarchi | 2016-09-17 08:00 | オウチ造リノミチ