山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:インテリア( 5 )



先日、なんともなんとも心地の良い空間へ行ってきました。

c0350405_15585562.jpg
.
いやぁ、ほんとに良かった。あそこまで居心地のいい場所は今まで数えるほどしかないと思います。(田舎のおばあちゃんちの縁側クラス!)
どんな場所かというと、そこにあるのはアルネ・ヤコブセンの空間。

.
アルネ・ヤコブセンの孫、トビアス・ヤコブセンの手掛けるヤコブセン専門ショップです。それがなんと大阪に!
.


アルネ・ヤコブセン専門店|HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN(ハウスオブトビアス・ヤコブセン)

.

そんなに広くはない古めの建物なのに、なんなんだろう、あの気持ちよさ。

c0350405_15585198.jpg

ヤコブセンの家具があるというだけでこんなに心地よくなってしまうのか。
う~ん、ただ気候が良かったからなのか。
天窓のせいなのか。。
.
c0350405_15582069.jpg
.

「ここで本を読みたいな~」「ここでは昼寝したいな~」「もうぼーっとしときたいなー!!」って妄想が止まらない(笑)
なんとなく内部のインテリア写真は控えておきました。撮っちゃうと自分の感じた心地よさがなくなりそうな、なんかそんな感じだったので。絶対写真とか見ないで行った方がいいと思う◎
.
朝の忙しい時間の動線を整えることなんかを「動」とすれば、寛いだり何もしなくていい場所を作る「静」の空間がたくさんあったからなのかなぁという自己分析です。

ま、難しいことはいいとして、ヤコブセンの家具に囲まれたということだけで癒されますよね。
デザインだけで座りにくいんじゃぁ??なーんて思っていた自分を恥じましたよね。すみません、ヤコブセン。
ショップですので、ずらりと並ぶセブンチェアからオーダーなどもできるのでしょう。
雑貨もありましたよ。
.
.
.

いつもたどりつく結論は、「求めるものは未だ変わらず、与えるものは未だ変わらず。いいものはいい」ということ。
何年も幾人もがいいと言っているものにはやはり触れてみないとやね。
.
.
.

疲れも吹っ飛ぶとはこのこと。心の洗濯できました。
ありがとう、ヤコブセン。(偉そうでごめん、ヤコブセン (笑))


c0350405_15585887.jpg



[PR]
by fujimotoshinarchi | 2016-04-28 07:59 | インテリア

家具ネツ


先週末、主人とビンテージの家具屋さんへ行ってきました。
詳しくはないけれど、キッチンと同じくらい家具にも心がときめきます!
.
.

c0350405_12243063.jpg
.
.
自分のアーコールチェアを買ったときにも思ったのは、家具との出会いは必然ということ。
自分のところへやってくるべくしてやってくるんだろうなぁと思っています。
それも買い手に合う、相応の家具が。
.
.
ビンテージにしても、新しいものにしても、家具は家の次に大きくて長い間付き合うものになるでしょう。
そんなずーっとそばにいるものには「感謝」や「リスペクト」しながら持ち続けたいなと思います。
.
.
もうこの世にはいないかもしれないデザイナーさんに、
造ってくれた職人さんに、
これまでキレイに使ってくれていた遠くの誰かに、
自分にまで繋いでくれたお店や人に。
.
.
.
ピンと(いや、もっとかな。ビビビーンと!)来ないうちはきっとまだ我が家にくる家具がないとき。
ビビビーンときたならきっとそれは家具が呼んでくれたんやろなって思ってます。
その時はしっかりその家具を受け容れられる器になっていたいですねぇ。

なんにでもビビビーンってこられても困りものですが。。
ちゃんとこのセンサーも磨いておくことが大事です◎
.
.

ちょっと愛情かけすぎて気持ち悪いかもですね(笑)
そやけど、愛情かけられないものにはいくらお安くてもうちに入れたくないのが本音。
.
.
.

なんだか前回と同じような話になってしまいましたが、
家具屋さんの情熱にわたしも熱くなってのことでしたとさ!
.
.
.
ものづくりっていいなぁ~、そしてそれを繋ぐこともいいなぁ~♪


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2016-02-08 18:38 | インテリア

写真の保存方法もさることながら、
写真の飾り方って悩みどころではないですか??

今のマンションへ引っ越してきてからも写真の飾り方が決まらず、
裸のまま立てかけたり、冷蔵庫に貼ったりと試してみたけど、、、
どうもどうも、しっくりきません。(そりゃそうだ)


写真立てを買ってしまうと場所をとるし、
写真が増えるごとに写真立ても増えてインテリアがまとまらなくなりそうで・・・。

写真立てを買うのをずっと躊躇っていたのです。


ですが、ついにずっと気になっていた写真立てを検討してみることにしたのです。
これまで検討してこなかったのは、賃貸を卒業したら壁に飾るように買おうと思っていたから。 

壁に飾るイメージができていたので、賃貸のうちはいいかなっと思っていたのです。



つみ木家具店さんの、その名も「シャシンバコ・ハガキバコ」


シャシンバコ・ハガキバコ|つみ木の仕事【イヌ・ヒト・コドモ】|無垢の木と天然塗料でつくる家具の店【つみ木家具店】



幅がありハコのような形になっているので、しっかりと自立します。
壁に掛けるとぽこぽこっと浮き出たようになります。




「あ、これ置くだけでもかわいいかも!」

「しかも積み重ねられる!!」




↓こんなかんじで♪
シャシンバコ|つみ木の仕事【イヌ・ヒト・コドモ】|無垢の木と天然塗料でつくる家具の店【つみ木家具店】



そう気づいたらインテリアの構想が始まりました。(そんなたいそうなものではないけれど)

「シャシンバコ」を置くスペースを作り、増えすぎていたドライフラワーも整理し迎える準備をしていました。

つみ木さんから、シャシンバコよりひとまわり大きな「ハガキバコ」もありますよ!と教えてもらい、
ポストカードも飾れるし写真もはがきサイズで現像できるしハガキバコの方をお願いしました。

ちなみに2Lサイズや、1眼レフ型、スクエア型などもあるようですよ◎



写真を入れてみると、やっぱり額ができるだけで周りの空間より特別感が出ます。

c0350405_08504236.jpg




木の種類も選べ、わたしのハガキバコはチークという木です。
もちろん無垢の木。

c0350405_08503914.jpg


写真でのパルプ材のシェルフにも合いますし、
定位置になるタモ無垢材のテレビボードにもばっちり合いました。

後ろの筋交いのような木で押さえているので、
写真やはがきだけでなく、こぎん刺しやファブリックも飾れたりします。

何枚か重ねられるので1年分のはがきサイズのカレンダーなんかもいれられるかも!?

もちろん、縦置きでも横置きでも斜め置きでもできます◎
お願いすれば文字入れ・名入れもしていただけるので、出産や結婚、引っ越し祝いにもいいですよね。




こんなに多様性があるのにシンプルなつくりなのが心惹かれるところです。
野暮ったさ、無駄なところが全くない。(えらそうにすみません)
いつものごとく、丁寧な手仕事にリスペクトです◎

どうやって組みあがっているのか・・・。キレイすぎてわからない。(笑)



わたくしごとで恐縮ですが、ハガキバコが我が家へやってきた9月8日は偶然結婚式から1年半の記念日でした。(特になにもしていませんが)

そんな日にわが家へやってきてくれて嬉しいです◎
いい記念になりました^^


写真って今はあまり現像しなくなってしまったけど、
元気の源になったりその日を思い返すきっかけになったりと、不思議なチカラがあるものですね。

理想以上に「写真を飾る」ってことができて気持ちもすっきりしました。

c0350405_08503517.jpg
写真はつみ木さんご夫婦とわたしたち。@質美のつみ木さんで



[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-09-09 12:00 | インテリア

家と家具


先日の神戸よるさんぽで思わぬお迎えとなった
アーコールチェアのゴールドスミス!

この子がうちに来てから、「椅子に座る」という
これまで何も気にしなかった動作が心地よくなり、

キッチンから眺めるだけでも幸せな気分になりました。

うんうん、モノに与えてもらってる幸せってこういうことやなぁ。しみじみ


絵になる背景が見つからなかったので上から写真!(笑)


c0350405_15121802.jpg

椅子に限らず家具ってどうやっても空間を遮るし、
部屋全体の見える面積を減らします。


もちろん、悪い意味だけではなく。


家(部屋)と家具(モノ)がバランスよく共存することを考えるのって
とても大事だと思いました。


c0350405_11143952.jpg

空間をぶったぎらないシュッとした(表現スキルが乏しい・・・)家具と、
家・人との馴染み方はほんとお手本。
この鏡に写る景色がすごく好きです。
(つみきさんのおうちより)


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-07-24 12:36 | インテリア

楽しいことだけじゃ生きていけない、
だからちょっと面倒くさいことや億劫なことが
ちょっとした道具や雑貨で楽しくなればいいよね!
ってことでわたしの暮らしの相棒たちを少しずつ
ご紹介していきたいと思います。


今日のオススメは・・・
fog linen wark(フォグリネンワーク」です。

リネン製品を扱う会社で、東京に行った際には是非行ってみたいと思っています。

もともとリネンの質感だとかは好きだったんですが、
わたしの中では洋服の生地というイメージでした。

初めて買ったものは多分コースターだとかランチョンマットだったかと思います。
そして「これいいのかも」と思い切って買ったのがバスタオルでした。

c0350405_15353352.jpg

(画像お借りしました)

バスタオルはふかふかなもの♪としていたので、
自分でもこの買い物はびっくりでした(笑)
でも気に入る確信もありました。

まず吸水性!
どんな高級なコットンのバスタオルより吸水性がいいです。
体をふき終わるスピードが早い早い。
なんか湿ってて気持ち悪いなってことがないんです。
きれいに根こそぎ(!)水気を取っていきます。

そして速乾性!
ほんとにリネンはすぐ乾いてくれます。
なので放置していてもあのいやな臭いがしないんです。
これはかなり嬉しい!

最後に、ずっと使っていけるという楽しみ。
使い始めはどうしてもお洗濯すると繊維のカスみたいなんが
出たりしますが、1年弱使ってみてくったりしてきてくれました。
これから長く付き合っていきたいものです。



バスタオルでアジをしめたわたしは、スリッパに手を出しました。

スリッパってどうしてこうすぐ蒸れてきもちわるくなるんでしょう(わたしだけ?)
だからと言って裸足で生活するのはフローリングが汚れるのでしたくない。(特に夫・・・笑)
なにかいい手はないかなーと思っていたところにfogでもスリッパがあることを知り購入してみたのです。

c0350405_15534132.jpg

(画像お借りしました)


結果、なんたる快適さ!!
本当にリネンさまさまです!
素足より気持ちいい、ほんと。

あ、ちゃんとお洗濯できます。
手洗いのほうがいいかもですが、うちでは洗濯機へゴーです。
洗い上がりのスリッパも最高ですよー


すっかりリネンの魅力、fogの魅力に引き込まれたわたしは、結構いろいろ買いました(笑)

キッチンタオル(手を拭く用、テーブルマットとしても)
ダスター(キッチン回り掃除用)
キッチンクロス(お皿などの水気吹き用)
コースター
ランチョンマット
ワイヤーバスケット
バッグ
洋服

・・・多いな。まだあるかも


そして最近の一番のヒットは、テーブルクロスでした。

c0350405_15363154.jpg
(画像お借りしました)

ずっと「いいなぁー」と思ってはいたのですが、面積が広い分お値段もそこそこしまして。
バスタオルと同じくらいではあるけど、テーブルクロスってどうしても必要なものでもないから先送りにしていました。

ところが、ご来客がある日。
器のテーブルセットだけして食材の買い物にでかけました。
そのついでに見た雑貨屋さんで出会ってしまったんです。

・・・これ、あのテーブルセットの下に敷いたら絶対素敵やん!と。

一瞬迷ったけどすぐレジへ行っておりました。
帰ってすぐ敷いてみたらなんとまぁ器の映えること!
テーブル全体、はたまた部屋全体が落ち着いた雰囲気になりました。

すぐ汚れるし(自分たちがごはんこぼすからなんですけど)、
洗うとなるとテーブルのものどけなきゃで少し面倒だけど(テーブルにいろいろ置いてるからなんだけど)、
今一番気分を上げてくれるものだから手間を惜しまずやります!


長くなりましたが、今日はfog linen wark(フォグリネンワーク)をオススメさせていただきました♪

<table><tr><td align="center"><a href="http://lifestyle.blogmura.com/tb_entry118001.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/tracommu88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 トラコミュ &#8962;リネンのある暮らし&#8962;へ" /></a><br /><a href="http://lifestyle.blogmura.com/tb_entry118001.html"><b>&#8962;リネンのある暮らし&#8962;</b></a></td></tr></table>


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-03-07 15:28 | インテリア