山の麓のドンツキハウス -SF archi lab staff's blog -双六問屋- fujilabo.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「暮らし」に寄り添う住まいの設計屋をしています。【建築家の夫とのオウチ造リのことを竣工までの期間限定で書いています。】藤本信建築研究所(大阪市北区)のスタッフによるブログ。                      キッチンスペシャリスト/整理収納アドバイザー/ライフオーガナイザー2級/住宅ローンアドバイザー  http://sf-archi.info


by マナ  SFArchiLab
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧



①はこちら~

続きです。


④ 誰が作ったかちゃんとわかる家がいい
よく歩いていてぽこぽこ建っている住宅。
あれは建売(たてうり)住宅といい、もう完成された状態で販売されている。
すぐに住めるけど、せっかく住宅を購入するのに設計図も設計者もわからないってどこで生産されたかわからない野菜を買ってるようなもの。
野菜ならだめだったら捨てればいけど、家は大きな買い物です。

⑤ 暮らしに合わせた家に住みたい
これが私の中で一番大きい!
そしてこれが注文住宅で建てる一番の強みだと思っています。
「キッチンは大きいほうがいい」
「洋裁スペースがほしい」
「ウッドデッキの中庭がほしい」
などなど住む人それぞれの夢があるはず。
その夢に合う家を探すのではなく、
その夢を形にする家に住む。


⑥ 夫の作る家が見たい
あ、これは個人的な理由で。
手前味噌ながら夫のつくる住宅は好きです。
どこがすごいってのは言いにくいんだけど、そのくらいがきっとちょうどよくて奇をてらいすぎず、だけど普通じゃない。
この絶妙さが好きです。
「いい」の基準がぶれないってすごいなぁとなんでも影響されやすいわたしは思います。。


⑦ 金額のふり幅は大きい
こちら大注目!
わたしのように家を建てたことのない人は、ただ漠然と「家=高い」と思っていると思います。
そりゃぁ高いです、高いですけど、注文住宅が一番高いと思っていたわたしは目からうろこで。
とあるお見積書を見て「妥当やん。」と。
小さな家も大きな家も狭くても寒くても、安くで建てたいと考えている人にもやりようがあるってのが注文住宅です。


注文住宅の魅力が伝わればなぁ~♪


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 16:11 | しあわせな家をつくろう

ずばり高そうー!008.gif
思い描く注文住宅のイメージは煌びやかな豪邸。
少し前までわたしはこう思っていました。

でも今は夫がこういう仕事をしていなくとも
注文住宅で家を建てたいなと思います。

そこでその理由をいくつか紹介しようと思います。

※わたし個人の意見ですので悪しからず。


① マンションはやっぱり隣人トラブルが怖い。
いくら鉄筋コンクリートのマンションでも上の人の音はするし、隣に変な人が住んでいたら安心した生活ができない><
賃貸なら引っ越せば済むが購入へは踏み出せないかなぁ、、
また、共益費や修繕積立費などはローン返済が終わってもずーっと続きますし。。


② 賃貸は退職後も家賃を払わなくてはならない。
購入住宅はローンが完済すれば資産にもなるしその後のお金の心配が一つ減る。
将来ひとりになったら一人分の年金で家賃払えるのか、わたし。
うん、賃貸は今だけにしよう。


③ お金は必要なものにだけしっかりかけたい。
ただ単に節約とか安くとかではなく、無駄なものへの支出は避けたい。

週末に新聞に入る住宅展示場のちらし。
そのちらし代ばかにならない(元広告代理店営業なのでわかる)
し、住宅展示場には1棟建ててるし、そこには営業マンがいるし、
それらのお金はきっと購入者への見積もりのどこかに紛れてのせられるのであろう・・・!( ̄□ ̄;)

そして忘れてはならない設計費も「うちは設計費かかりません」なんて言いながらちゃんと紛れてるはずー><
そもそも設計費かからないと言っている時点で、設計をどう思っているんだとおこりたくなっちゃいます。

おっと、熱くなりすぎました。。

つまり、明瞭な工事費と設計料にお金をかけたい。
自分の家づくりのためのお金なんだからー!
関西人ぽくお金の話がボリューミー!笑

長くなりましたので
②へつづく・・・037.gif


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 16:06 | しあわせな家をつくろう

さてさて。KS(キッチンスペシャリスト)を取得したので、間髪入れずIC(インテリアコーディネーター)の勉強を始めていこうと思います。

合格してからブログにしようと思っていたけど、忘れちゃう前に随時更新していけたらなと思います♪
宜しくお願いします(●´ω`●)ゞ


まずは!作戦会議!(ひとりで!)

費用のこともあるし、KSである程度コツもつかんだので、今回も独学でいきます!
わたしの相棒となるテキストはこちら!!


c0350405_13231164.jpg
■インテリア産業協会
インテリアコーディネーター ハンドブック 上巻



・・・ICは上巻と下巻があるのね。。
こりゃぁ手強そうだ(°д°;)


これがなきゃ始まらない!過去問はこちら!!(無理やりテンションをあげてみる)


c0350405_13232160.jpg
■ハウジングエージェンシー
インテリアコーディネーター 過去問題徹底研究2015 上巻


この段階で2015年版を出してくれるのはありがたいですね^^
7年分の過去問ということで、結構なボリュームが予想されます・・・。


そして、大まかな学習計画はこちら。
●1次試験
2月下旬~4月中旬  過去問上巻1回目
4月中旬~6月中旬  過去問下巻1回目
6月~7月      過去問上巻2回目
8月~9月      過去問下巻2回目
10月~試験日    3回目・まとめ

●2次試験
6月から基礎を開始
1次試験終了時から過去問で練習

てなかんじです。
上下巻あるだけにかなりタイトな気がしてならない・・・(;´Д`)ノ
さぁ、どうなることやら???!


電車で寝ていられるのもあとわずか。
テキストが届いたら電車勉強族になるぞー!!おー!





[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 13:35 | 資格

前回はこちら 「キッチンスペシャリストって?」

まず、キッチンスペシャリストの試験には学科と実技(製図)があります。
学科のみの受験も可能ですが同時に受けるより受験料は割高です。

▼勉強プラン▼(結果)
4月~7月  過去問1周目。
とにかくわからなくても解いてみます!
大きくわけて5つの項目から成ります。
1)住居と食生活に関すること
2)キッチン空間に関すること
3)キッチン機能に関すること
4)キッチン設計施工に関すること
5)キッチン販売に関すること

これを目標点にしておくと1つずつクリアしていく感覚でやる気が出ます!
ボリュームはだいたい同じです。
4の施工に関することが苦手だったなぁ・・・。



c0350405_09584352.png
■ハウジングエージェンシー
キッチンスペシャリスト 過去問題徹底研究


c0350405_09583206.png
■インテリア産業協会
キッチンスペシャリスト ハンドブック


この2冊は必須です。
正直、ハンドブックはそんなに読みこまなかったけど今後も役立つと思うので高いけど買うべきだと思います。
初めて勉強する内容だったので言葉を理解するのにも時間がかかるし、通勤電車が主な勉強場所だったので想定外の4か月もかかってしまいました。


8月~9月中旬  過去問2周目
1週目に比べてびっくりの速さで終わりました。
マーカーを片手に全問解きながら間違った箇所をチェックしていきます。

このころから製図に本格的に取り掛かりました。
c0350405_10163192.png
これを買ってやってはいたものの、どうも受かる気がしない。
基本的な書き方などはこれで理解したんだけど、それをどう解答用紙に落とし込むかがわからない・・・(;´Д`)

焦ったわたしは情報の少ない中、「キッチンスペシャリスト 製図」でググり続け・・・。
こちらに出会いました。
いんてりあ図鑑
製図には①平面図 ②立面図 ③立体表現 ④文章表現が試験に出ます。
このボリュームを書けるようにするにはかなりの効率の良さが必要だと思いました。
効率の良さ=過去問!!!
初めはちんぷんかんぷんだけどとりあえず書いてみる!!!
トレースしてパターン化してみる。
2年分も書くとだいたいのキッチンが書けるようになりました。
というかどんな問題が出ても自分が書けるキッチンを書く!
立体表現は1点透視法のみ!
という勉強方針でがんばりました(;´Д`)ノ



9月中旬~10月初旬  過去問3周目+製図
2周目にできなかったことろだけ解いていき、2周目とは違う色のマーカーを持ち不正解の箇所はチェックします。



8月~10月で願書提出があります。(日にちは年による)
ここで悩む。
実技を受けるか否か。
この時点ではまったく合格ラインにものっていない実技。
でも差額4000円ほどで製図の模試を受けると思えばありやな・・・。
受けよう!と総合コースで願書を出しました。



10月初旬~試験日  過去問4周目+製図
学科はもう一度すべての問題を総ざらいします。
そして何度も間違えるところはノートに書きだす。
製図はやっと1枚書けるようなレベル。試験問題しだいだな・・・。




そして試験当日。
学科はまだ採点してないけど(おい)手ごたえは感じました。
過去問の問題もあったけど、新しい問題も結構出ていた印象です。
とはいえ過去問ありがたやー。

製図はてんてこまいでした(°д°;)
キッチンだけのプランニングだけでなく、LDKのプランニングでした。
しかも立面図は壁面収納!キッチンちゃうやん!
テーブルとかリビングのものなんて立体表現で書けるかー!となりながらもなんとかなんとか頭フル回転で書ききりました。
あの最後10分前くらいに気付く書き落とし!試験あるある。
とはいえ過去問ありがたやー。

学生以来の手の小指の下が黒くなる現象になり、
「ふふふ、わたしがんばった!」となりました(笑)


正直製図にかなりの不安がありましたが、無事合格でした♪

名前だけ聞いたらすごそうな資格、キッチンスペシャリスト!
よかったらぜひ(笑)

わたしは次なる目標のインテリアコーディネーターの取得を目指します!
これは2年がかりになりそうです(°∀°)b





[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 10:50 | 資格

キッチンスペシャリストという資格をご存じでしょうか??

「料理のすごい人?」
ってよく言われましたが、

キッチンスペシャリスト
キッチンスペシャリストは、新築やリフォームなどの住まい手のニーズを受けて、快適で使いやすいキッチン空間(機能、設備等)を提案し建築や施工につなぐ仕事をします。建築・リフォーム・インテリア・住宅設備業界などで活躍しています。

ってな資格なのです。
住宅の中でも電気やガス、水回りに収納・・・と内容盛りだくさんなキッチン。
そのうえ毎日使う場所だから使い勝手の良さは重要視したい場所。
キッチンってキーポイントになる場所なんですよね。
そこを専門的に重点的に勉強した人がキッチンスペシャリストってことですかね。

この資格になんとこのたび合格しました!
勉強期間は通常の倍をかけて4月から取り組んで受験が12月の9か月間。
仕事と家事をしながらとなるとこのくらいが限度かな。
(余裕をもってという意味も込めて)

勉強するにしてもキッチンスペシャリストの知名度の低さから調べてもほとんど情報がない。
というわけでここにどなたかの参考になればと残しておきます。

つづく。
[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-21 09:50 | 資格

初の確定申告を前にして


2月も中旬!
早いのか遅いのかわかりませんが、今年は大仕事をしなければなりません!
今年は、ってかこれから毎年になるでしょう。。

そう!確定申告!(;´Д`)ノ

国税庁 確定申告特集
こんなの見ることになろうとは・・・

サラリーマン家庭に育ち、会社員として働いているわたしには、
確定申告然り、個人事業主のあれやこれやが初めての体験でした。

これから効率の良いやり方に変えていく可能性はありますが、
現段階での経理処理についてちょっとまちめておこうと思います。

▼お気に入りファイル&ファイルボックス
c0350405_14264001.jpg


うちは開業届と同時に青色申告承認申請手続を提出したので青色申告が可能です。
青色申告をして控除を受けようと思うと試算表(損益計算書、貸借勘定表)の提出が必要なので会計ソフトがある方が処理が断然楽です。
開業時に弥生会計の青色申告ソフトを購入し使っています。

やよいの青色申告
普段はMacユーザーの我が家ですが、会計ソフトを入れるにはやっぱり安定して作動してほしいし、わからないことがあったらググってすぐ出てくるソフトがいいなぁということで会計ソフトのためのwindowsがいます。
(住所録ソフトとかも入れたので1台windowsがあると便利になりました)



作っている帳簿はこちら。
①現金出納帳
②預金出納帳

加えて作っているファイルはこちら。
①家賃の請求書(家事按分しているため)
②携帯電話料金の請求書
③クレジットカードの請求書(電気代、インターネット料金の家事按分)
④その他クレジットカード明細
⑤発行請求書

そして、レシート・領収書は現金払い分とクレジットカード払い分にわけてノートに月ごとに張り付けています。


月次の処理の順はこちら。
①領収書を現金とクレジットカードとわける
 (それまでは小さなファイルにぽいぽい入れて行っています)

②現金の領収書を日付順に並べる

③現金出納帳に記帳して領収書をノートに貼る。を繰り返す。

④現金出納帳から会計ソフトに入力する

⑤クレジットカード払い分を日付順に並べる

⑥会計ソフトに直接入力して領収書をノートに貼る。を繰り返す。

⑦預金口座の動きを確認して預金出納帳に記帳する

⑧現金と預金の仕訳に注意して、預金出納帳から会計ソフトに入力する
 ※(現金)(普通預金)と(普通預金)(現金)の仕訳の場合、先に現金出納帳から入力がされているはずなので重複しないようにする


処理を始めた当初は領収書が出るたびに処理をしていましたが、
1年弱経ってみて非効率だと気づきました。
毎週毎週会計ソフトに向かってるより一気にやる方がわたしには向いてました。
なので今期からは月末にまとめて1か月分処理することにしました。

そして12月処理を締めたら1年分まとめて封筒へ入れて保管です。


この先の確定申告はまだわたしも未知の世界です!
e-taxにチャレンジしようと事前準備までは完了しています。
また確定申告が無事にできたらこちらもレポできたらと思います。

[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-15 14:28 | WORKS

暮らしのための設計を


c0350405_15055063.jpg
(画像お借りしました。fog linen work)


先日、リネンのキッチンタオルを買いました。

毎日キッチン仕事をしながら何度も拭くタオル。

それまではフェイスタオルと同じ綿のものを使っていたけど、
使用頻度が高いのですぐ濡れて取り替えないと気持ち悪かったんです。
リネンは綿に比べて相対的に値段が高く、
ごわごわしていそうで踏み出せなかったのだけど、
フランスの人はリネンを100年も使いその経年変化をたのしんでいるという話を聞いて、
「すてき!」とわたしのすてきセンサーがビビビっときました。

わたしのすてきセンサーはあまり発動しないかわりに発動すると試さずにはいられなくなります(笑)
そして使ってみると、これが吸水性抜群なおかげで使い心地がすごくよくてデザインもナチュラルで気に入ってといいところだらけ。

タオルを変えたっていうたったこれだけのことだけど、煩わしさが楽しさに変わっていました。


あ、これ。

タオルが鍋だったら?
キッチンだったら?
ダイニングテーブルだったら?

・・・家だったら?


住むだけ、食べるだけ、暮らすだけ。
そのためだけの家だけど、その家に思い入れを吹き込み、大切に思う素材で仕上げたら?
きっと、住む、食べる、暮らすの景色が変わってくる。
家を建てるために設計するんじゃなくて、暮らすために設計すれば、
家は時間とともに一緒に寄り添ってくれる。


これが目指したいところだと、2枚目のリネンのキッチンタオルを買いながら
はと気づいたのでしるしておきます。


うちのキッチンの壁をおまけに。
狭いながらもペニンシュラ型対面キッチン。
ペニンシュラ型とは左右どちらかが壁に付いた半島型のキッチン。

キッチンは小さなことで表情が変わるので好きな空間です。
部屋の模様替えなどと違いすぐに配置換えなどもできますしね。
この写真は年末の大掃除のときのもの。
現在はすでにここから変わっています。
これからも変わっていく予定です(笑)
c0350405_15183964.jpg



[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-14 15:29 | しあわせな家をつくろう

つみ木さんの家具展へ


先日、夫と「つみ木家具展6」へ行ってきました。

ご夫婦で京丹波町質美に工房をかまえてらっしゃるのですが、
年に一度この時期にだけ京都の市内へやってこられます。

無垢の木しか使わず、
ねじ、くぎなども使わない家具屋さんです。

(無垢材:一本の木から取れるつなぎのない材木を無垢材という。木本来の質感、風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材。特徴は、調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保つ性質がある。そのためコンクリートの約2倍もの断熱性がある。その反面、『縮む』『膨らむ』という性質があり、多少の反りや割れが起こる。)コトバンクより

わたしがこちらのご夫婦を初めて知ったのはテレビでした。
まだ夫のサポートを始める前で家具作りのことなど無知のわたしは、家具のすばらしさよりご夫婦の素敵さにすっかり惚れ込んでしまいました。

▼撮らせていただいたご夫婦+わんこのフルールちゃん
c0350405_11503280.jpg
テレビを見たあと、フェイスブックでフォローしていただけだったのですが、
奥様とインスタグラムでやり取りをした際にこの展示会のことを知りました。
(フェイスブックでも告知されていたはずなのですが見逃していたのですね)

「これは行きたい!」と夫を連れ出して行ってきました。

▼出迎えてくれたフルールちゃん
とーってもおりこうでした。それにしても家具と合うなぁ。
c0350405_11343309.jpg
まだまだ住宅に関しても、インテリアに関しても知らないことだらけで
デザインのセンスてなものも持ち合わせていないわたし。
そんなわたしでも、最近ものづくりの素敵さにはとても心惹かれます。

ものづくりなんて。できるひとにはできるんでしょ。
とか思っていたこともあった若いころ・・・。
というか、そこに考えを及ぼすことがなかったんですね。
だからそんな気持ちもわかります。
人それぞれのタイミングでその時欲しいものを買うのであって、
「こんな素敵な家具があるよー」とか「こんなおうちいいでしょ!」とかは
相手に響かないこともあるんでしょうね。

あ、だからってあきらめるんじゃなくってわたしたちはちゃんと説明していく義務があると思っています。
設計料がかかるのにはこんな理由でね、とかね(笑)

なんだか呪文みたいに書いてしまったけど、
つみ木さんのご夫婦と会って、話して。それだけなのにとーっても幸せな気持ちです。ご夫婦と家具のぬくもりに癒されたんでしょう。

そしてわたしたちもがんばろう!っと思いました。
いつかおふたりのようになりたいなっと思いました。

▼構造の難しそうな話を楽しそうに話すご主人と夫
c0350405_11344243.jpg
▼通称「ツミッキオ」
 いつかうちにも仲間入りしてほしいなぁ
c0350405_11345968.jpg

▼素敵な家具たち
c0350405_11344970.jpg
c0350405_11341572.jpg

これらの家具は普段ご夫婦が使われているもの。
余計にぬくもりが伝わってきます。

またいつの日かお会いできたらなー♪
とあるものをお願いする予定なので(家具は引っ越しまでお預けです)またアップします!



しあわせな家具屋 つみ木家具店
http://www.tsumiki.net/
つみ木家具展6は、京都・同時代ギャラリーにて2015年2月10日〜15日です。

[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-11 11:35 | おでかけ

こんにちは。
藤本信建築研究所のMです。

先日、M様邸が上棟いたしました。

と、その前に。
じょうとう・・・?
わたしは建築はおろか、住宅ができる過程も見たことがないド素人なので
「じょうとうってナニ???」なわたし。
住宅関係でも、建築用語など難しいことば結構ありますよね。。


***********************************
【上棟(じょうとう)】
新築のとき柱梁(ちゅうりょう)などを組み立てた上に棟木(むなぎ・むねき)を上げること。棟上(むねあげ)ともいい,その儀式をも指す。
(世界大百科事典 第2版より)

調べたものの、さらに2つの用語が出てくるではないですかー。ポチポチ

【柱梁(ちゅうりょう)】
柱と梁。

そうだと思っていたけど・・・(笑)
柱は、土台に対して直立している材。
梁は、屋根や上階の床の重さを受け支えるために,柱上に渡される横木の総称。
縦が柱で、横が梁ってことでいいかな、所長??

【棟木(むなぎ・むねき)】
母屋や桁と平行に取りつけられる、屋根の一番高い位置にある部材。
c0350405_12094389.gif
(画像拝借しました)

*******************************
家の一番高いところを作る、力のいる仕事が上棟なのですね。
そして棟木を上げるということは他の骨組みもできあがるということ。
棟梁さん、大工さん、監督さんありがとうございます!って気持ちで
今回はお施主様と一緒に上棟を見学に行きました。

上棟については、上棟式を行うこともあるし、
簡略的に行うこともあり、お施主様の方で決めていただいています。

用語を理解するだけで時間をとってしまう素人のM。
長くなってしまったので、詳細は次回へ。



[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-08 12:29 | しあわせな家をつくろう

エイギョウのこと


商売をするうえで絶対必要な「営業」活動。
世の中を動かしているのは営業さんではないかとも思う。

ただ、どうも「営業」ってしつこいとか悪質商法とか
悪いイメージが多い。

実はわたしも元営業職。(今は経理職)
広告代理店の営業というなんとも字面は華々しい現場に
いたのだけど、
新卒すぐに飛び込み営業行かされたって何をどう売ればいいのかも
わからないのによくしたもんだと思います。

営業ってものづくりしてくれる人ありきのものだと思います。

よほどの人間力や信頼がない限り、この不景気な時代
ほいほいとお金を出してくれるような人いません。
100均での買い物でさえ、「これほんまにいるやろか」
って考えて買い物するのに家ですもん。

広告の営業はちょっと違いますが、
そのモノを作っている人、そのモノを心底愛していないと
ただの押し売りになってしまうと思います。

わたしもかつていろんな営業に遭いましたが、
「強引にでもプッシュしてくれてありがとう」って
今になって思える営業さんっています。

使ってみてよかったものを友人に勧めることってあります。

営業ってそういうものなのかな。。
ちょっと見えてきました。

ほしいなぁ、いいなぁ、って思ってる人や
これから思うであろう人に自分が一番いいと思っているものを勧められる力!


ものづくりができないわたしは、ものづくりしている人に
変わって伝えなきゃならないんだと思ってます。

そしてそのモノ自体も同時に磨いていける「営業」なら
もっといいかな!

これからご縁あってお世話させていただくお施主さん家族から
いつの日か「営業してくれてありがとう」って言われる日を夢見て★


[PR]
by fujimotoshinarchi | 2015-02-07 14:37 | WORKS